ニュース
» 2017年07月10日 11時44分 UPDATE

「壊し屋」アマゾン ホールフーズ買収の衝撃 (1/5)

昨今の米国は「健康」ブームだが、米食品スーパー、ホールフーズ・マーケットはその先駆けである。

[産経新聞]
産経新聞

 昨今の米国は「健康」ブームだが、米食品スーパー、ホールフーズ・マーケットはその先駆けである。70年代に大学を中退してヒッピー同然の生活をしていたジョン・マッキー氏が、小さな自然食品店を開業したのが始まりだ。

 漂白や防腐剤が横行していた当時の米国では斬新な発想で、有機栽培の野菜を陳列するスーパーとして台頭。全米で400以上の店を構える大手小売りとなった。

 ホールフーズは立派な企業市民でもある。地元産の野菜を優先的に購入し、生産者の有機栽培を支援する上、収益の一部を地元に還元する。従業員に対する福利厚生は厚く、最低賃金引き上げの議論とはほぼ無縁の存在だ。

 そんな小売業界の「カリスマ」が6月に衝撃の発表をした。米電子商取引(EC)最大手アマゾン・ドット・コムに買収されるという。

 今や、どの食品スーパーでも有機栽培の野菜や健康食品を置いている。米小売り大手クローガー周辺では競争が激化、ここ数年の増収率は減速気味だ。年率15%で成長するEC市場での存在感も薄い。

       1|2|3|4|5 次のページへ

copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆