連載
» 2017年07月11日 07時11分 UPDATE

タイムアウト東京のオススメ:夏の風物詩をすする

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 年々、真夏日が増え気温が上昇する東京で、冷やし中華の存在感は増しています。もともと夏には欠かせない存在ですが、最近では定番のしょうゆダレ、ゴマダレではないユニークな冷やし中華も生まれています。王道の冷やし中華ファンには受け入れられないかもしれませんが、ラーメンが目まぐるしいスピードで進化し続ける東京で、冷やし中華が変わっていくのは自然なことなのかもしれません。ここでは、元祖から変わり種まで、冷やし中華の歴史を感じることができる店を紹介します。

60年以上変わらない秘伝のタレ

 まず紹介するのは築地場内の中華料理店「やじ満」の「冷やし中華」(900円)。こちらは、60年以上変わらない秘伝のタレを使用している人気メニューです。まろやかな酸味でかなり甘めのタレは、たっぷり乗った刻みノリともマッチ。柔らかいチャーシューや、薄く仕上げた美しい錦糸卵にも確かな仕事ぶりが光ります。昔ながらの王道タイプながら、市場関係者にファンが多いのも納得ですね。もし、ほかにも食べる余裕があるのならば、柔らかくジューシーな「手作りジャンボシューマイ」(2個300円)もあわせて注文してみてください。

シンプルなのにまた食べたくなる

 次は、池尻大橋で人気の中華食堂「鶏舎」の「冷やし葱(ねぎ)そば」(950円)を紹介しましょう。「これを食べずに夏は越せない」という声も挙がるほど常連客に愛されるメニューで、「葱そば」と名乗るだけあり、極細にカットされた大量のネギが麺を覆うほどたっぷりと乗っています。麺の上でキラキラと輝く様はなんとも涼しげですが、コシのある細麺にごま油が香るタレがしっかりと絡み、見た目よりもパンチのある味わい。ネギのシャキシャキとした食感も心地よく、シンプルなのにまた食べたくなる一品です。

常識を裏切る錦糸卵

 最後は、神楽坂の地元民たちからこよなく愛されている中華料理店「龍朋」を紹介します。この店の「冷やし中華」(850円)の特徴は、なんといっても常識を裏切る錦糸卵です。極太で大ざっぱな盛り付け方もここまでくると1つのスタイル。卵のインパクトに隠れていますが、店の人気メニュー「チャーハン」(770円)にもたっぷり入るチャーシューも厚切りで食べ応え十分です。太めの麺も具材に負けない存在感で物足りなさは一切ありません。可能ならば2人以上で訪れ、常連客がこぞって注文する「チャーハン」と、セットでついてくる煮干しが効いたスープとともに楽しんでみてください。

 その他の詳しい情報は「東京、冷やし中華10選」で紹介しています。「冷やし中華はじめました」の貼り紙を探して蒸し暑い東京の街をさまよう前にチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

ラーメン | たまご | 人気 | シンプル | 飲食店


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆