ニュース
» 2017年07月20日 10時50分 UPDATE

遊びながらプログラミング学べる玩具や教材が続々 ドローンやロボットを動かすプログラム作る (1/4)

子供たちにプログラミング教育を。そんな国の方針に応じるように、遊びながらプログラミングを覚えていける玩具や教材が続々と登場してきている。

[SankeiBiz]
ダンボール製のロボットを動かす「ソビーゴこどもロボットプログラミング」

 子供たちにプログラミング教育を。そんな国の方針に応じるように、遊びながらプログラミングを覚えていける玩具や教材が続々と登場してきている。ロボットやドローンで遊びながらプログラミングを学べる製品もあれば、本格的なプログラミング言語を使ってロボットを動かしてみる教材もあって、与える親がどれを選べばいいか迷いそう。読み・書き・プログラミングの時代はすでに来ているのかもしれない。

 キーボードを使って文字や数字を打ち込む。前へ進め、回れ、腕を動かせ。そういった行動を命令するコードを送り込むと、目の前にいるロボットが命じたとおりに動いてくれる。ワイズインテグレーション(東京都渋谷区)が今年5月に開催された展示会、第8回教育ITソリューションEXPOに出展していた「ソビーゴ こどもロボットプログラミング」という教材だ。

 ロボットの外観はダンボールでできていて、子供たちが自分でパーツを貼り合わせて作り上げる。模様を描いたりパーツで飾ったりとデコレーションも自由。完成されたものを与えられるのではなく、自分ならではのロボットを作り上げたという実感が、愛着を生んでこれを動かしたいという思いを強くさせる。

 プログラミングも教材を見ながら自分で行う。打ち込む文字や数字を間違えると、当然ながらロボットはうまく動いてくれない。何が問題だったのかを考えることで、プログラム言語のコードが持つ意味にだんだんと気付いていく。子供の前向きな意欲を引き出す教材と言えそうだ。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆