ニュース
» 2017年07月24日 10時33分 UPDATE

農・鉱分野にも自動運転の波 無人ダンプに自律航行船……課題は価格 (1/3)

世界の自動車メーカーが技術開発にしのぎを削る自動運転。2020年ごろには、完全自動運転の一歩手前に当たる「レベル4」が実現しそうだ。

[SankeiBiz]
コマツが鉱山向けに開発した無人ダンプ。自動車に先駆けて2008年から納めている

 世界の自動車メーカーが技術開発にしのぎを削る自動運転。2020年ごろには、完全自動運転の一歩手前に当たる「レベル4」が実現しそうだ。ただ、自動運転時代が到来しつつあるのは自動車だけではない。むしろそれ以上に期待が持てる分野が農業機械や鉱山機械だ。

2018年度中に投入

 農業機械大手の井関農機が6月中旬、茨城県つくばみらい市の事業所で開いた新商品発表会。17年度下半期の商戦向けに投入する9種類のトラクターや田植え機、耕運機に交じって、「T.Japan」と名付けられたある試作品のトラクターが披露された。

 農機では自動車と同様、自動運転技術がレベル分けされている。T.Japanは0〜3まで4段階あるうち、そばで人が監視するとの条件付きで動かす「レベル2」に該当する。

 内蔵のジャイロセンサーや衛星利用測位システム(GPS)アンテナが、車体の位置や傾きを検知。最初に人が運転して基準となる地点を覚え込ませるだけで、あとは無人状態でも旋回や作業機の上げ下げといった作業をトラクター自身が行う。1ヘクタールの田畑で作業した場合、作業効率は従来の1.5倍以上に高められるという。発表会では、無人トラクターと有人トラクターを横に並べて同じように畑を耕すデモも行われた。井関農機は、このトラクターを2018年度中に投入する方針だ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆