ニュース
» 2017年07月25日 10時33分 UPDATE

初の「テレワーク・デイ」6万人参加 新しい働き方、普及なるか (1/2)

政府は24日、自宅など職場から離れた場所で働くことを促す「テレワーク・デイ」を初めて実施した。

[SankeiBiz]
テレワーク中の総務省職員らとインターネットを通じて話す高市早苗総務相(手前)=24日午前、総務省

 政府は24日、自宅など職場から離れた場所で働くことを促す「テレワーク・デイ」を初めて実施した。3年後の2020年東京五輪・パラリンピックを見据えて交通機関の混雑緩和や働き方改革につなげる。官公庁や民間企業など900団体以上、約6万人が参加。来年以降も継続して定着を目指すが、企業の労務管理の見直しが課題となっており、どこまで普及するかは見通せない状況だ。

 「(所属部局では)約9割の職員がテレワークを行っており、目立った障害は報告されておりません」

 テレワークを担当する経済産業省の今里和之政策企画委員は同日午前、東京都世田谷区の自宅からインターネットを通じた省内会議で報告した。

 同省はこの日、約930人がテレワークを実施。会議中に音声が途切れることもあったが、今里さんは「通勤時間がない分、集中して書類を仕上げられる」と笑みをみせた。

 一方、この日は政府の呼びかけに応じ、NTTデータが2900人、ヤフーも社員の半数に当たる3000人前後など、多くの民間企業がテレワークを実施した。

 ヤフーは普段から、連絡がつけばさまざまな場所で執務ができる制度を設けている。レノボ・ジャパンも昨年、実施できる回数に上限を設けない「無制限テレワーク」を導入している。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆