ニュース
» 2017年07月31日 10時45分 UPDATE

サントリー、エコペットボトル開発に挑む 「植物由来100%」実用化目指す (1/3)

ペットボトルの軽量化をはじめ、ペットボトルに使用する樹脂の使用量を削減や、再生樹脂の活用などに取り組むことで、省エネ化、コスト削減にもつなげたい考えだ。

[SankeiBiz]
「サントリー天然水」を検品する従業員(同社提供)

 サントリーホールディングス(HD)が環境にやさしいペットボトルの開発に力を注いでいる。ペットボトルの軽量化をはじめ、ペットボトルに使用する樹脂の使用量を削減したり、再生樹脂の活用などに取り組んだりしたことで、省エネ化、コスト削減にもつなげたい考えだ。

極限まで軽量化

 ペットボトルは、汎用(はんよう)プラスチックのポリエチレンテレフタレート(PET)樹脂と呼ばれる石油由来の原料でできている。ペットボトルに使う合成樹脂量を減らせば、石油使用量が減少し、ひいてはエコにもつながる。

 そこで同社が挑んだのが、ペットボトルの軽量化だ。ボトルの形状や成型技術などを見直したほか、原料の一部を石油由来から植物由来に置き換えた。さまざまな改良を加えた結果、1990年に80グラムあった「サントリー天然水」のペットボトル(2リットル)重量は、2013年には約62%減の29.8グラムを実現した。同じく550ミリリットルは、13年には96年比約65%の11.3グラムのボトルを導入した。

 取り組みはボトル本体にとどまらず、キャップも対象だ。キャップはポリエチレンと呼ばれる石油由来の汎用プラスチックでできているが、植物由来原料を30%使用したキャップの開発に成功。同社によると、従来のキャップと比べて石油由来原料の使用量を約35%、二酸化炭素(CO2)排出量を約27%それぞれ削減できるという。導入は現在、「天然水」の550ミリリットルボトルのみだが、17年末にかけて2リットルボトルにも広げていく予定だ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆