ニュース
» 2017年08月08日 10時34分 UPDATE

VRの世界広がる未知の市場 「一家に1台。テレビ以来のイノベーション」 (1/3)

技術や競技性が鍵を握る「ゲーム新時代」に向けた業界の現状と展望を探る。

[SankeiBiz]

「一家に1台。テレビ以来のイノベーション」

仮想現実(VR)の市場拡大を見込んで、VRを体験できる施設が増えている=東京都新宿区

 かつて世界をリードした日本の電子ゲーム産業は、技術革新や国際競争で転換点を迎えている。非現実を体験できる仮想現実(VR)技術の開発が進み、ゲームの楽しみ方が大きく変わろうとしている。技術や競技性が鍵を握る「ゲーム新時代」に向けた業界の現状と展望を探る。

 険しい岩山が連なる荒涼とした風景が目の前に広がっていた。2010年、米サンタモニカにあるソニーのゲーム子会社の開発拠点。ソフト開発の最高責任者を務める吉田修平は、スタッフが手で作ったゴーグル型端末の画面に映る光景に衝撃を受けた。

視点の移動再現

 「ゲームの世界に入り、自分の体が主人公になっている」

 映し出されたのはプレイステーション(PS)3用ゲーム「ゴッド・オブ・ウォー3」のプレー画面。下を向くと筋骨隆々とした“自分”の体が、顔を上げるとギリシャ神話をモチーフとしたゲームの世界が見える。吉田が驚いたのは、現実さながらに視点の移動を再現する技術だ。

 手作りの端末は、外部カメラで傾きや動きを捉え、ゲームを操作する既存のコントローラーと、視界を覆うゴーグル型のディスプレーを組み合わせたシンプルなものだ。頭を少し動かすだけで視点が変わり、違った角度から物が見える技術は、ゲームの仮想空間と現実の感覚との垣根を取り払うのに不可欠だ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆