ニュース
» 2017年08月08日 10時34分 UPDATE

VRの世界広がる未知の市場 「一家に1台。テレビ以来のイノベーション」 (1/3)

技術や競技性が鍵を握る「ゲーム新時代」に向けた業界の現状と展望を探る。

[SankeiBiz]

「一家に1台。テレビ以来のイノベーション」

仮想現実(VR)の市場拡大を見込んで、VRを体験できる施設が増えている=東京都新宿区

 かつて世界をリードした日本の電子ゲーム産業は、技術革新や国際競争で転換点を迎えている。非現実を体験できる仮想現実(VR)技術の開発が進み、ゲームの楽しみ方が大きく変わろうとしている。技術や競技性が鍵を握る「ゲーム新時代」に向けた業界の現状と展望を探る。

 険しい岩山が連なる荒涼とした風景が目の前に広がっていた。2010年、米サンタモニカにあるソニーのゲーム子会社の開発拠点。ソフト開発の最高責任者を務める吉田修平は、スタッフが手で作ったゴーグル型端末の画面に映る光景に衝撃を受けた。

視点の移動再現

 「ゲームの世界に入り、自分の体が主人公になっている」

 映し出されたのはプレイステーション(PS)3用ゲーム「ゴッド・オブ・ウォー3」のプレー画面。下を向くと筋骨隆々とした“自分”の体が、顔を上げるとギリシャ神話をモチーフとしたゲームの世界が見える。吉田が驚いたのは、現実さながらに視点の移動を再現する技術だ。

 手作りの端末は、外部カメラで傾きや動きを捉え、ゲームを操作する既存のコントローラーと、視界を覆うゴーグル型のディスプレーを組み合わせたシンプルなものだ。頭を少し動かすだけで視点が変わり、違った角度から物が見える技術は、ゲームの仮想空間と現実の感覚との垣根を取り払うのに不可欠だ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆