ニュース
» 2017年08月08日 10時34分 UPDATE

VRの世界広がる未知の市場 「一家に1台。テレビ以来のイノベーション」 (2/3)

[SankeiBiz]

 人間の感覚器に働きかけ、コンピューターグラフィックスなど実際に存在しないものを、現実のように知覚させるVR。その技術革新が、ゲームの世界に迫っていることを吉田は確信した。

 “草の根”で始まったVRの研究は、2年後に正式な開発プロジェクトとなり、16年10月、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、PS4で仮想現実を体験できる端末「PSVR」を発売。今年6月には、PSVRの世界販売台数が100万台を突破した。

 「テレビ以来のイノベーションだ。VRを一家に1台という状況にしたい」

 SIE取締役で日本・アジア地域を統括する盛田厚はこう意気込む。盛田は、独自開発のブラウン管「トリニトロン」で、カラーテレビを普及させたソニー創業者、盛田昭夫のおいだ。

 もっとも、PSVRは国内で品薄が続き、まだ本格的な普及段階には入っていない。増産態勢を敷くのが遅れたためだ。今後、量産効果で低価格化が進むとともに、VRを活用したソフトのヒット作が出てくれば、盛田の言うように映像コンテンツの在り方を変える可能性もある。

 ゲームのVR化を急ぐのはソニーだけではない。バンダイナムコエンターテインメントは7月14日、東京・新宿歌舞伎町にVRを使ったアミューズメント施設をオープンした。「ドラゴンボール」「マリオカート」といった人気のアニメやゲームの世界を“体感”できるほか、超高層ビルの屋上から突き出た板の上を歩くなど、仮想空間ならではの体験ができるアトラクション15種をそろえた。VR部ゼネラルマネジャーの柳下邦久は「普段、ゲームをしない人にも楽しんでもらえる」と語る。

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆