連載
» 2017年08月10日 07時06分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:AIを活用して組織の生産性を上げるための、はじめの一歩 (2/2)

[藤野貴教,ITmedia]
前のページへ 1|2       

では何から始めればいいのか。はじめの一歩

 なぜ、日本のビジネスパーソンはテクノロジーに関するリテラシー(知識・経験)を持っていないのか。その問題の根源は、「テクノロジーはエンジニアや技術者が知っていればいいこと」と思ってしまっていることにある。だからこそ、「非エンジニア」に対してテクノロジーを「知る」「使う」「創る」機会を積極的に作っていくことが、経営者には強く求められる。

 AIのことを知らないから、「AIが人の仕事を奪うのではないか」と漠とした不安を生んだり、「AIは何でもできるんでしょ?」と、むやみに高い期待を持ったりしてしまう。その中で、いざAIを仕事に導入しても、「なんだよ、こんなことしかできないなら、使えないじゃん」となってしまい、せっかくのAIは使われないままに放置されてしまう。

 AIは、初めから賢いわけではなく、「使われる」ことでデータを蓄積、学習して、予測の精度を上げていくのにも関わらず、本質を理解しないまま社内に導入しても、結果はうまくいかない。そんなことがこの数年のうちに日本各地で起き始めるだろう。

 まずは、経営者やエグゼクティブが、AIを中心とするテクノロジーのリテラシーを高めること。その次は、管理職だ。「テクノロジーは若いやつに学ばせる」というのは既成概念。今、目の前の成果・マネジメントに全力を尽くすからこそ、視野が狭くなるという葛藤を感じている管理職にこそ、視野を広げる機会を作ってあげてほしい。

 結局のところ、AIはツールである。人の仕事の一部をAIやロボットに代替させ、人の仕事を楽にさせる。そこで生まれた時間や、脳のCPUのバッファを活用して、「人間にしかできない仕事」に取り組む。その方が、仕事も楽しくなる。

 「生産性を上げる」という目的のその先にあるのは、「仕事が楽しくなり、個人や組織が成長し、企業として世の中に価値を提供できる」というビジョンである。そのビジョンを経営者が語り、自らが率先して、テクノロジーを使いこなせるリーダーになっていくことが、2020年までの日本に求められていることだ。

著者プロフィール:藤野貴教

働きごこち研究所 代表取締役 ワークスタイルクリエイター

アクセンチュア、人事コンサルティング会社を経て、東証マザーズ上場のIT企業において、人事採用・組織活性・新規事業開発・営業MGRを経験。2007年、働きごこち研究所を設立。「ニュートラルメソッド」を基に、「働くって楽しい!」と感じられる働きごこちのよい組織づくりの支援を実践中。「今までにないクリエイティブなやり方」を提案する採用コンサルタントとしても活躍。グロービス経営大学院MBA(成績優秀修了者)。2015年より「テクノロジーの進化と人間の働き方の進化」をメイン研究領域としている。テクノロジーの最前線を「主婦でも分かる」ようなかみ砕いたことば、たとえで話すことを得意としている。

著書:2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方(かんき出版)


前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆