ニュース
» 2017年08月10日 11時01分 UPDATE

マック、17年ぶり最高益更新へ 今期3.7倍200億円 予想を上方修正

株式上場前年の2000年12月期(単独決算)の168億円を超え、過去最高益を2017年ぶりに更新する見通し。

[SankeiBiz]
決算を発表する日本マクドナルドのサラ・カサノバ社長=9日、東証

 日本マクドナルドホールディングスは9日、2017年12月期の連結業績予想を上方修正し、最終利益が前期比3.7倍の200億円に上る見込みと発表した。前回5月の予想から55億円引き上げた。株式上場前年の00年12月期(単独決算)の168億円を超え、過去最高益を17年ぶりに更新する見通し。

 5年前の期限切れ鶏肉問題などで客離れを招いて2年連続で最終赤字に陥ったが、店舗改装などが奏功して家族客が増え、16年12月期は黒字に転換していた。

 V字回復を果たしたサラ・カサノバ社長は「着実な成長局面を迎えた。特別利益などの効果もある。伸びしろはまだ大きい」と、同日の中間決算発表会見で胸を張った。

 一方、6月中間連結決算は、売上高が前年同期比15.6%増の1212億円、最終利益は67倍の107億円と大幅な増収増益となった。

 足元では、定番バーガーとしては8年ぶりの新商品「グラン」シリーズが好調で、既存店売上高を7月まで20カ月連続で伸ばしている。

 1店舗当たり売上高(1〜6月)も上場以来の最高水準。勢いに乗り、下半期は店舗改装を前倒しで進め、積極出店に転じる構えだ。

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆