ニュース
» 2017年08月15日 11時03分 UPDATE

ホンダ、「兄弟車」戦略で中国シェア拡大 日本勢首位でも“EV競争”に危機感 (1/3)

2016年の乗用車販売台数が約2438万台に達した世界最大市場の中国で、日系メーカーの中で首位に立つホンダ。

[SankeiBiz]
「深セン・香港・マカオ国際モーターショー」に東風ホンダが出展した大型SUV「UR−V」=6月10日、中国広東省

 2016年の乗用車販売台数が約2438万台に達した世界最大市場の中国で、日系メーカーの中で首位に立つホンダ。欧米勢が先んじた市場で存在感を示すのは並大抵ではないが、ホンダは現地の2つの合弁企業で展開する「兄弟車」戦略でラインアップを拡充し、着実にシェアを伸ばしている。

新車出せぬ悔しさ

 中国南部の広東省で6月に開かれた展示会「深セン・香港・マカオ国際モーターショー」。国内外の自動車メーカー約100社による主力車が展示され、地元の販売店員が来場者にセールスをかける商談の場となる。

 ホンダと現地大手、東風汽車の合弁会社「東風ホンダ」のブースを訪れた地元の男性会社員、黄超(32)は「ホンダ車は燃費も走りも良いので、乗り続けている。今日はスポーツ用多目的車(SUV)に興味のある兄を連れてきたが、もう契約しているかもしれない」と笑った。

 会期中の約1週間で東風ホンダは866台を受注。別の合弁会社なども合わせたホンダグループでは2619台の契約を獲得した。年率5%以上の伸びを続ける世界最大の自動車市場の活況が垣間見える。

       1|2|3 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆