ニュース
» 2017年08月21日 10時03分 UPDATE

「会話型」AIサービス拡大、求人やごみ分別案内 人間同士のような自然な会話

人工知能を活用し、文字を使って自然に“会話”するプログラム「AIチャットボット」を使ったサービスが広がっている。

[SankeiBiz]
横浜市のごみ分別AIボットの画面

 人工知能(AI)を活用し、文字を使って自然に“会話”するプログラム「AIチャットボット」を使ったサービスが広がっている。無料通信アプリのLINE(ライン)などのメッセージアプリを使って、求人情報やネット通販の配達状況などが分かるサービスが始まった。人件費削減などのメリットがあり、導入はさらに広がりそうだ。

 リクルートジョブズはAIチャットボットを使い、アルバイトの求人情報サービスを提供している。LINEで「町田 ラーメン屋のバイト」などと住所や希望する職種を入力すると、条件にあった求人情報をパンダのキャラクターが答える仕組みだ。同様にアスクルも、LINEで個人向け通販「ロハコ」利用者の質問に答えるサービスを提供している。

 また、NTTドコモは横浜市と共同で、ごみの分別方法を案内するAIチャットボットを横浜市のホームページで3月から提供している。「ペットボトル」や「フライパン」などと入力すると、適切な処分方法を表示する。「夢」や「故郷」などごみ以外の言葉を入力した場合、偉人の名言を引用して答えるなどの遊び心で人気を集めている。

 チャットボットは、文章をやり取りする「チャット」と自動でプログラムを処理する「ロボット」を合わせた言葉で、AIを活用しているため人間同士のような自然な会話ができるものも増えている。

 ただ、AIによる回答は不完全なものも少なくない。サイバーエージェント子会社は今春から、人間が文章で回答する際にAIが補助するサービスを提供。ITベンチャーのリゲイン(東京都港区)も同様のサービスを今月下旬から始める。回答の質を担保するとともに人件費の増加を抑えられるという。(大坪玲央)

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆