ニュース
» 2017年08月24日 10時20分 UPDATE

化学大手、自動車向け樹脂材料を増産 燃費規制で軽量化ニーズ高まり (1/2)

化学大手が自動車向けの樹脂材料を相次ぎ増産している。

[SankeiBiz]
ホンダの中国・広州市の合弁工場。旭化成は同国の自動車販売拡大に対応して、自動車向けの樹脂材料の生産を強化する=6月9日(会田聡撮影)

 化学大手が自動車向けの樹脂材料を相次ぎ増産している。旭化成は23日、汎用(はんよう)樹脂のポリアミド(PA)やポリプロピレン(PP)に添加剤などを混ぜ、機能を持たせた樹脂コンパウンドの新工場を中国に建設すると発表。東レも同日、ハンガリーで、高機能のポリフェニレンサルファイド(PPS)樹脂コンパウンドを生産すると発表した。燃費規制の強化で自動車の軽量化ニーズが高まり、金属から樹脂への素材の置き換えが進むなか、今後も堅調な需要が見込めると判断した。

 旭化成は、江蘇省常熟市に生産子会社「旭化成塑料」を設立し、ドアハンドルなど幅広い自動車部品の材料として2020年初頭に生産を始める。生産能力は年2万8000トンで、投資額は30億円以上になる見通し。中国で自動車販売が拡大し、軽量化で1台当たりの使用量も増えているのに対応、同省蘇州市の工場と合わせ2拠点体制を築く。

 一方、東レは14年に買収した炭素繊維メーカー、米ゾルテックのハンガリー工場内に、PPSコンパウンドの生産設備を導入、18年3月に稼働させる。生産能力は年3000トンで、投資額は5億〜10億円とみられる。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆