ニュース
» 2017年08月28日 11時27分 公開

ゲリラ豪雨水害、IoTで防ぐ クボタ、NTTグループと実証実験 (1/2)

全国の自治体やプラント維持管理会社への導入を促進し、頻発する都市型水害対策の強化につなげていく。

[SankeiBiz]
ゲリラ豪雨で道路が一時冠水し、水たまりを避けて歩く歩行者=東京都千代田区

 クボタはNTTグループと連携し、下水道関連分野でのIoT(モノのインターネット)を活用した新サービス「クボタスマートインフラストラクチャシステム(KSIS)」の実証試験に着手した。国内では今夏もゲリラ豪雨が頻繁に発生し浸水被害を引き起こしている。こうした問題に対処するには、下水道のモニタリングや河川の水位管理が重要なカギを握る。一連の実証実験によって、通信品質の安定性や機能の精度向上を図り、遠隔監視や現場作業の効率につながる技術を高度化。全国の自治体やプラント維持管理会社への導入を促進し、頻発する都市型水害対策の強化につなげていく。

 クボタは2016年6月にNTTグループとの間で、農業・水・環境インフラ分野でのICT(情報通信技術)イノベーション創出に向けた連携協定を締結した。今回のプロジェクトは協定の一環で、実証実験は大きく3つに分かれている。

 その1つが、NTTドコモの無線通信技術を活用し千葉県内の下水処理場で開始した実験。都市部に多い大規模な下水処理場では敷地が広く、地下にある監視室と下水処理設備間で電波が届かないことから、通信技術の活用が困難な状況を克服するのが狙いだ。新技術では、条件によって通信距離が従来の数百メートルから最大約10キロまで拡大し、地下内でのセンサー情報の収集が可能になるため、遠隔監視や現場作業の効率化を目指す。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆