ニュース
» 2017年08月30日 10時26分 公開

3メガ、ベンチャー支援強化 販路開拓や人材育成 収益拡大へ大企業とも連携 (1/2)

融資にとどまらず、販路開拓や人材育成の取り組みを手厚くしているのが特長だ。

[SankeiBiz]

 3メガバンクがベンチャー企業の支援を強化している。融資にとどまらず、販路開拓や人材育成の取り組みを手厚くしているのが特長だ。ベンチャーの創出・育成は政府の成長戦略にも盛り込まれており、3メガは金融庁からも求められている「目利き力」を発揮し、日本経済の活性化を後押しする。

 みずほ銀行は29日、8月から取引先の大企業向けに、有望なベンチャー経営者による事業内容やビジネスモデルのプレゼンテーションを動画で配信するサービスを始めたことを明らかにした。より多くの大企業関係者の目に、ベンチャーの技術がとまるようにする狙いだ。

 分厚い顧客基盤を生かし、大企業とベンチャーの接点を増やす取り組みは、他メガも強化する。三井住友銀行はベンチャー向けにコンソーシアム(共同事業体)を設立。大企業やベンチャー支援に積極的な自治体も参加する組織で、外部のネットワークもフル活用する。

 ベンチャーには「身近に手本がいない」という悩みもある。三菱東京UFJ銀行が力を入れるのは「起業家の人材プール作り」(担当者)だ。手本になれる優秀な起業家やその候補者から年2、3人を採用し、給料を支払って参加してもらう。2年間かけて、同行の業務に実際に携わるなどして、ビジネスモデルの策定や資金調達の方法を学ぶ仕組みだ。

 ほかにも、人材育成の取り組みは充実してきた。みずほは4月から、ベンチャー向けの会員制サービスを本格化させた。みずほ信託銀行やみずほ証券などグループ横断的にベンチャーを支える。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆