ニュース
» 2017年09月07日 10時47分 公開

VR技術、映像制作活発に ソニー「新しい娯楽」 (1/2)

仮想現実技術を使った映像コンテンツをつくる動きが活発化している。

[SankeiBiz]
「PSVR」向けに提供されている映像作品「傷物語VR」の一場面(SIE提供)

 仮想現実(VR)技術を使った映像コンテンツをつくる動きが活発化している。従来はできなかった表現が可能になるため、クリエイターの意欲が強いほか、既存サービスの魅力を高める効果も期待されている。VRを楽しめる端末はまだ普及しておらず、収益性が課題だが、将来的にはゲームなどとともに、映像コンテンツ市場も拡大が予想されており、各社はノウハウの蓄積に余念がない。

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が販売する「プレイステーションVR(PSVR)」は、主にゲームを楽しむ端末だが、映像コンテンツの提供も目立つ。SIEと映像制作のアニプレックス、カヤックは、アニメ映画を題材とした映像作品「傷物語VR」を開発した。ゴーグル型の端末をかぶると、アニメの登場人物が隣に座り、一緒に映画のハイライト映像を見るという内容だ。

 仮想空間の中なので、この映像をさまざまな形で映し出すことができる。教室で見始めたはずが、いつの間にか屋外にいたり、映像が水たまりや割れたガラスの破片、霧に投影されたりする。利用者の視線や行動により、隣に座る登場人物の反応が変わるという相互作用も特徴。ゲームと映像作品の“垣根”が低くなっていく方向性を印象づける。

 SIEは映画「シン・ゴジラ」のコンテンツも提供。PSVR以外でも、アニメ制作会社プロダクション・アイジーがスマートフォン向けに「攻殻機動隊」のコンテンツを配信している。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆