ニュース
» 2017年09月11日 10時45分 公開

火星旅行想定し「宇宙スパコン」実験開始 トラブル時に遠方の地球頼れず (3/3)

[SankeiBiz]
前のページへ 1|2|3       

 このため、人類が月より遠くに足を延ばすということになっていよいよ、スパコンを船内に持ち込む必要が出てきたというわけだ。今回のISSで行うスパコン実験は「宇宙スパコン時代」の第一歩に過ぎないが、スパコンを宇宙でも正常な機能のまま使えるようにする重要な新技術の実証でもある。

放射線、太陽フレア、いん石などの衝撃リスク

 宇宙では放射線、太陽フレアによる影響や、微小いん石による衝撃、電源や冷却の不安定さなど、コンピューターの安定性を妨げるさまざまなリスクにさらされる。放射線を通さない厚い鉄板や衝撃吸収材で覆うなどの対策もあるが、HPの宇宙用スパコンはハード的な改変ではなく、時間や費用がかからず、重量も増加しないソフト的な方法で対策を施している。具体的には、コンピューターシステムの速度をリアルタイムに調整して、環境要因によるエラーを軽減するというものだ。

 HPの副社長でプロジェクトの主任研究員を務めるエン・リム・ゴー博士は「一連の実験が成功すれば、火星に行く顧客はそのソフト的な対策システムを利用することで、最新のスパコンが使えるようになる」と話す。これまで、宇宙に持っていくパソコンなどは数世代遅れた実績のある機種というのが基本だったが、今回の実験は、宇宙での不安定性をソフトでカバーする方式の幅広い波及効果も狙ったものとなっている。

前のページへ 1|2|3       

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆