ニュース
» 2017年09月12日 10時53分 公開

飲料・小売りで広がる共同輸送 ビール4社、北海道できょう開始 (1/2)

食料品・日用品メーカーや流通大手が手を組み、物流を効率化する動きが広がってきた。

[SankeiBiz]
イオンとサッポロビールの専用貨物列車。長野−東京間で両社の製品を共同輸送している(イオン提供)

 食料品・日用品メーカーや流通大手が手を組み、物流を効率化する動きが広がってきた。アサヒビールとキリンビール、サッポロビール、サントリービールは12日、北海道でビール類などの共同輸送を始める。ビール大手4社が製品を共同で運ぶ初の試みだ。トラック運転手が不足する中、国も補助制度を拡充して各社の取り組みを後押しする。

 ビール4社の共同輸送は貨物列車を使い、札幌と道東地域の間で行う。各社の工場や物流拠点から、製品を札幌貨物ターミナル駅の倉庫に集め、釧路貨物ターミナル駅まで列車で輸送。同駅から取引先までのトラック配送も共同で行う。

 この試みは、各社のトラック1台分(約10トン)に満たない荷物を集約し、効率的に運ぶ点が特徴。長距離トラックの運行台数を年間800台減らせるという。列車での共同輸送は、アサヒとキリンが大阪−金沢間でも昨年7月に開始。キリンは、コカ・コーラボトラーズジャパンと飲料の共同輸送も検討している。

 貨物輸送の集約をめぐり国は、2005年に物流総合効率化法を制定。環境負荷の低減を主眼にモーダルシフト(トラック輸送から鉄道・海上輸送への転換)を推進してきたが、「トラック運転手不足の深刻化でここ数年、民間の取り組みが加速している」(国土交通省幹部)状況だ。

 同法に基づき国交省は、16年度に運行経費などの補助対象を23件認定した。18年度当初予算では今年度比2.2倍、8600万円の確保を目指す。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆