ニュース
» 2017年09月21日 13時20分 公開

「マザーハウスはなれ」ネパール産ストール専門店 VRで現地のものづくり体験

「マザーハウスの実験室」をコンセプトに、現地のストールづくりを疑似体験できる場を設ける。

[SankeiBiz]
オープン前の「マザーハウスはなれ」。ものづくりにこだわるコンセプトから、壁のペンキ塗りに常連客も参加した=東京都台東区

 雑貨の製造販売を手掛けるマザーハウス(東京都台東区)は、秋葉原駅昭和通り口近くの本店隣に、ネパール産ストール専門店「マザーハウスはなれ」をオープンした。「マザーハウスの実験室」をコンセプトに、現地のストールづくりを疑似体験できる場を設ける。

 ストールが完成するまでの製作過程や、手づくり商品ならではの生地の肌触り、産地の魅力を感じてもらいたいという思いから、店を開いた。

 店内では同社が扱うほぼ全てのアイテムのストールを販売するほか、VR(仮想現実)技術を使って、ネパールの山奥の村で行われている養蚕、ストールづくりをしているような疑似体験ができる「VR体験コーナー」を設ける。

 また10月には、ネパールで使われている昔ながらの木製糸車で糸をつくる手つむぎ体験といった企画を始める。

 同社は、途上国で生産される材料を使って現地で作ったバッグやアクセサリーをはじめ雑貨などを販売する。首都圏を中心に国内外に約30店舗を展開している。

 マザーハウスはなれの山崎靖子店長は「多店舗展開が進むにつれて、品ぞろえなどの均一化が進むようになっている。独自性のある店舗にしていきたい」と述べ、体の不自由な人による手作り製品の開発など、社内で検討が進んでいる新規事業のアイデアを形にする場として位置付ける考えを明らかにした。

 同社の特定分野の専門店としては、インドネシアとスリランカの宝飾品を扱っている「ジュエリーマザーハウス」(同千代田区)などがある。

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆