ニュース
» 2017年09月27日 10時59分 公開

ユニー・ファミマ、2年以内に金融参入 電子マネー中心、ドンキと連携視野

クレジットカードやポイントなど複数のサービスを組み合わせ、「手薄だった金融事業を強化する」狙いだ。

[SankeiBiz]
インタビューに応じるユニー・ファミマHDの高柳浩二社長=東京都豊島区

 ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)の高柳浩二社長が26日までにフジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、2年以内に電子マネーを中心とした金融サービス事業に参入する方針を明らかにした。クレジットカードやポイントなど複数のサービスを組み合わせ、「手薄だった金融事業を強化する」狙いだ。

 金融サービスは、傘下でコンビニエンスストアを手掛けるファミリーマートや総合スーパー(GMS)のユニー店舗で提供する。また資本業務提携で合意したドンキホーテHDとも同事業での連携を模索する。ファミマ、ユニー、ドンキの利用客に対し、電子マネーなどを共通化すれば「利便性が高まる」と判断した。

 筆頭株主の伊藤忠商事と9月に設立した共同出資会社が中心となり金融事業を展開する。グループのクレジットカード会社とも連携。コンビニでは共通ポイント「Tポイント」を展開するが、別のポイントを独自開発することも視野に入れる。融資などを含めた銀行サービスも検討する。中身の詳細は今後詰めるが、高柳社長は一枚のカードで電子マネーを含む複数のサービスを提供できれば「理想だ」と話した。

 一方、ドンキホーテHDとの提携については「共同調達などを通じ物流拠点を統廃合できる」と述べ、そのメリットを改めて強調した。来年にもGMSの6店舗をドンキのディスカウント店に業態転換するが、「さらに転換を進め、収益を改善する」と語った。

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆