ニュース
» 2017年10月02日 10時33分 公開

指紋認証だけで決済可能 訪日客向け「タッチアンドペイ」運用再開

訪日外国人が指紋認証を活用してさまざまな決済サービスを受けることができる。

[SankeiBiz]
リキッドが開発したTouch&Pay。タブレットで指紋認証するだけで決済ができる

 ビッグデータ解析などによる生体認証や空間認識エンジンの研究・開発を手掛けるLIQUID(リキッド、東京都千代田区)は、新機能開発のため4月から中断していた訪日外国人向け観光プラットフォームサービス「Touch&Pay(タッチアンドペイ)」の運用を1日から再開した。

 タッチアンドペイは、2016年10月から始まった経済産業省が推進する「IoT活用おもてなし実証事業」に採択。訪日外国人が指紋認証を活用してさまざまな決済サービスを受けることができる。クレジットカードやパスポートIC情報を登録することで、指紋認証だけで宿泊先のパスポートチェックや決済が可能。

 今回、指紋情報に自治体などが発行するエリア独自のチケット情報を登録する機能や、指紋やICカードでロックを解除するスマートキーと生体認証を連動させた機能などが新たに追加された。

 同社は生体認証技術において発明特許を取得、ハウステンボス(長崎県佐世保市)やイオン銀行など約400の加盟店でサービスを展開している。

 IoT活用おもてなし実証事業はIoTを活用し、サービス事業者同士が情報を共有できる「おもてなしプラットフォーム」を構築、それらを連携させることで訪日外国人に向けて事業者や地域が情報を活用した先進的なサービスを提供できる仕組みを実証することを目的としている。

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆