ニュース
» 2017年10月13日 09時30分 公開

セブンとイオン、中間で最高益 ユニー・ファミマは「サンクス」転換で費用かさむ

流通大手3社の2017年8月中間連結決算が12日、出そろった。

[SankeiBiz]

 流通大手3社の2017年8月中間連結決算が12日、出そろった。セブン&アイ・ホールディングス(HD)とイオンの2社は、本業のもうけを示す営業利益が過去最高。不採算店舗の閉鎖などで総合スーパー(GMS)の収益が改善されたほか、コンビニエンスストアや金融事業などが利益を押し上げた。足元は消費者の節約志向が根強く、ネット通販が台頭しており、各社の収益を圧迫しかねない。

流通大手3社の2017年8月中間連結決算

 12日に決算発表したセブン&アイHDは、主力のコンビニで8月まで既存店売上高が61カ月連続プラスと好調だった。百貨店やGMSは不採算店舗の閉鎖効果もあり採算が改善された。

 イオンは最終損益が42億円の黒字(前年同期は53億円の赤字)に転換した。GMS事業は104億円の赤字だが、コスト削減で損益は100億円改善。さらに好調なドラッグストアや金融、不動産事業が利益を稼ぎ出した。

 一方、ユニー・ファミマHDは、コンビニの「サークルK」と「サンクス」ブランドを「ファミリーマート」に順次転換する統合費用が膨らみ、営業減益だった。それでも不採算店舗の閉鎖といったGMSのコスト削減が進むなど、営業利益は当初予想を89億円上回った。

 18年2月期の業績予想は、イオンが営業利益を2000億円(従来予想は1950億円)に、ユニー・ファミマHDは最終利益を310億円(同240億円)に、それぞれ上方修正した。

 ただ、8月に値下げしたイオンがさらに価格引き下げを検討するなど、競争環境は厳しさを増している。各社は不振のGMSなどで、さらなる構造改革に迫られそうだ。

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆