ニュース
» 2017年10月17日 10時35分 公開

自動運転支援に準天頂衛星活用 三菱電機、試作車公開

準天頂衛星システムからの信号を用いて自車位置を認識する技術など、自動運転を支援する複数の技術を搭載して安全性を高めたのが特徴だ。

[SankeiBiz]
濃霧で見えない車線も衛星を用いた測位技術で把握し、安全な走行を支援する=16日、神奈川県鎌倉市

 三菱電機は16日、次世代の運転支援技術を搭載したコンセプト車「EMIRAI4(イーミライフォー)」を公開した。準天頂衛星システムからの信号を用いて自車位置を認識する技術など、自動運転を支援する複数の技術を搭載して安全性を高めたのが特徴だ。27日に開催される東京モーターショーに出展する。

 衛星の信号を使った高精度の測位技術は、3次元地図と組み合わせ、運転席のディスプレー上に自車が進むべき道路や車線をAR(拡張現実)で表示する。濃霧や雪道など見通しが悪い環境でも安全な走行ができる。2020年以降の実用化を目指す。

 また、車内中央に設置した広角カメラ1台で、運転席や助手席を同時にモニタリングするシステムも開発した。運転手が脇見や居眠りをしていないかなどを常に確認し、自動運転から手動運転への安全な切り替えを支援する。この技術は車メーカーの採用が決まっており、来年から量産を開始する予定だ。

関連キーワード

安全 | 自動走行車 | 三菱電機 | 拡張現実 | 地図


Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆