ニュース
» 2017年10月18日 09時39分 公開

旅行プランはAIにお任せ メールや地図利用履歴を活用 10秒で作成も (1/2)

人工知能が自分の趣味や嗜好を分析して旅行先を決めてくれるスマートフォンのアプリやサービスが次々に登場している。

[SankeiBiz]

 人工知能(AI)が自分の趣味や嗜好(しこう)を分析して旅行先を決めてくれるスマートフォンのアプリやサービスが次々に登場している。ソフトバンクのグループ会社が提供を始めたアプリは目的地などを入力するだけで10秒で国内旅行プランを作成。米グーグルはGメールや地図など、同社のサービスの利用履歴を活用して旅行先を提案してくれるという。手間や時間が省けることから、サービスの利用は広がりそうだ。

 ソフトバンクのグループ会社が3日に提供を始めた「プランミー」は、目的地や日時などを入力すると、数万の食事場所や観光施設などから自動でAIが選択して旅行プランを提案してくれる。開発を担当した同社の武藤雄太氏は「忙しいときに旅行の幹事を任されたのが開発のきっかけ」と話す。

 グーグルが9月6日から日本語版の提供を開始した「グーグルトリップ」は、グーグルのさまざまなサービスとの連携が特長。電子メールサービスで受信した各航空会社の飛行機の搭乗時間や、地図サービスで自分が登録した気に入った場所や第三者のお薦めの場所を自動で取り込んで、旅行ルートを提案してくれる。インターネットが使えない場所でも利用できる。

 このほかにも、検索サイト「goo」を運営するNTTレゾナントは「温泉でゆっくりしたい」など、具体的な場所を入力しなくてもAIが旅行先を提案してくれるサービスを9月下旬から開始した。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆