ニュース
» 2017年10月19日 10時27分 公開

訪日客、高まる「安・近」需要 都心部で宿泊特化型ホテルの開発加速 (1/2)

訪日外国人旅行者の旅行消費額が年間4兆円を超えるペースで推移している。

[SankeiBiz]
コンパクトホテル「ファーストキャビン西麻布」8階の男性キャビンエリア、ファーストクラスキャビン=17日午前、東京都港区西麻布(酒巻俊介撮影)

 訪日外国人旅行者の旅行消費額が年間4兆円を超えるペースで推移している。訪日リピーターほど観光や買い物、食事などにお金をかける傾向がある。観光関連業界は都心部でも割安に料金が設定できる宿泊特化型ホテルの開発を加速しており、変化する訪日客需要への対応を図る。

 「ターゲットは夜に六本木や西麻布で遊ぶ訪日客。外国人比率は40〜50%を目指す」。高級カプセルホテル「ファーストキャビン西麻布」(東京都港区)を17日開業したファーストキャビンの東智隆副社長は手応えを口にする。

 ファーストキャビンは一般のホテルよりコンパクトな間取りながら、手頃な価格と上質感を武器に既存施設の稼働率は9割を誇る。外国人比率は3割程度だったが、西麻布では日本の夜を楽しむ訪日客の需要を取り込めると判断。接客担当に外国人を配置する。

 観光庁が18日発表した訪日外国人消費動向調査によると、7〜9月期の訪日外国人旅行者による買い物などの旅行消費額(速報値)は、前年同期比26.7%増の1兆2305億円となった。3四半期での累計は3兆2761億円と初めて3兆円を突破し、年間4兆円を超えるペースだ。

 日本政府観光局(JNTO)が同日発表した1〜9月の訪日客数の累計は、前年同期比17.9%増の2119万6400人。9月の訪日客数は前年同月比18.9%増の推計228万100人で、9月として最多だった。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆