連載
» 2017年10月24日 07時07分 公開

タイムアウト東京のオススメ:ロースかヒレかで苦悩する

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 理由ははっきりとは分かりませんが、高田馬場にはとんかつ専門店が多くあります。もともと古くから営業を続ける店があることに加え、2010年にオープンした成蔵が行列店に成長したことから、老舗が集まる上野に次ぐ「とんかつの聖地」として近年注目を集めています。他店との差別化を図るためか、どの店も実に個性豊か。ひいきの一軒を見つけて通い詰めるのも良いが、1人でふらっと立ち寄ってみたり、友人とコース料理を楽しんだり、シチュエーションに合わせて使い分けるのもよいでしょう。ここでは、ぜひ一度味わいたいとんかつを厳選して紹介します。

低い温度から揚げ、余熱で火を通すことでしっとりとした食感

 まず紹介するのは「成蔵」。店舗は地下にありますが、行列は常に地上まで続いている人気店です。ロースは並、上、特の3種、ヒレは並、特の2種を用意しています。ヒレの特は、牛肉のシャトーブリアンに当たる、ヒレの中でも最も柔らかい部分を使用しているため「シャ豚ブリアン」と命名。店の看板メニューとなっています。とんかつは純銅製の鍋を使用し低い温度から揚げ、余熱で火を通すことでしっとりとした食感。通常使用している霧降高原豚の他、不定期で銘柄豚も用意されており、選択の幅が広いのもうれしいところです。行列を避けるのは困難ですが、店の客さばきも慣れたもので、列に並んでいるうちに注文を取ってくれ、着席してからはそれほど待たずに食事にありつけます。至極のとんかつ体験が待っているので、テーマパークに来たと思っておとなしく並びましょう。

セットで付いてくるおろしポン酢でさっぱりと

 長時間並ぶのに耐えられないという人は、駅前のビルの地下街に店を構える「とん久」へ。人気店ながら、並んだとしても常識的な待ち時間で入店することができます。 店の看板ともいえる「特選ロース定食」のロースには、千葉県の銘柄豚「林SPF」を使用。脂の味に定評があり、そのままでも胃がもたれる心配はありませんが、セットで付いてくるおろしポン酢を合わせればよりさっぱりと味わえます。酸味が効いた特製の生ソースも肉の味を邪魔することはありません。とんかつの付け合わせとしては珍しいナポリタンも、キャベツと並びこの店では欠かせない存在です。「特選ヒレかつ定食」に使用するのは、1頭から2人前しか取れないという、ヒレの中でも最も上質な部分。衣はロースに使用しているものよりも細かく薄付きで、ヘルシーだからという理由でヒレを選んだ人が、知らず知らずのうちに余分な油を摂取するという悲劇を防いでいます。こういった細やかな気配りも同店の魅力で、例えば多くの店が実施しているキャベツのおかわりも、とん久ではとんかつが運ばれてくるより先に頼むことができます。血糖値の上昇を抑えるため食前に野菜を摂りたいという人も多くいるなかで、このサービスはありがたいですね。また、サイドの汁物も、豚汁としじみ汁から選択可能。それぞれが持つとんかつへのこだわりを漏らさずかなえてくれるとんかつ好きのオアシスです。

多くの調味料で客に食べ方の選択肢を与える

 最後は、東京屈指のとんかつの名店として知られている「とん太」を紹介しましょう。同店のとんかつは、他の人気店のように肉が分厚いわけでも、レアで揚げているわけでもなく派手さはない。それでも上質な豚肉と軽い食感の衣、絶妙な揚げ具合など、基本をしっかりと押さえた王道の魅力に多くのファンが虜になり、開店前から店の前には老若男女が列を作っています。とんかつはシンプルながら、食べ方は自由。注文すると程なくテーブルにはゴマが入ったすり鉢が運ばれ、カウンターにもソースの他、2種類の塩に黒コショウなど調味料の容器が並びます。客に食べ方の選択肢をこれだけ与えるのも、味への絶対的な自信ゆえなのかもしれません。ロースは、弾力がありながら歯切れが良く、さらりと溶ける脂とのコントラストをしっかりと感じさせます。ヒレはカットこそ大きくないものの、しっとりとした仕上がりで、1020円のランチ定食でもしっかり満足できるでしょう。

 その他の詳しい情報は「高田馬場、とんかつ5選」で紹介しています。行列店が多いのが難点ですが、これだけ選択肢があれば食いっぱぐれることもないはず。とんかつが食べたくなったらひとまず高田馬場を目指しましょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

| 行列 | 人気 | 調味料


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆