ニュース
» 2017年10月26日 12時50分 公開

東京モーターショー、次世代技術の攻防 トヨタ「エコカー全方位」揺るがず 日産やホンダは? (1/3)

ディディエ・ルロワ副社長は「世界での水素社会のニーズに応えたい」と、新型の燃料電池車の試作車「ファイン−コンフォート・ライド」が初めてベールを脱いだ。

[SankeiBiz]
「第45回東京モーターショー2017」トヨタブースの発表会=25日午前、東京都江東区(宮川浩和撮影)

 25日に東京モーターショーの会場で開かれたトヨタ自動車の報道陣向け説明会。ディディエ・ルロワ副社長は「世界での水素社会のニーズに応えたい」と、新型の燃料電池車(FCV)の試作車「ファイン−コンフォート・ライド」が初めてベールを脱いだ。

 航続距離は、2014年に発売した世界初の量産FCV「ミライ」に比べて5割強伸ばし約1000キロ。水素を約3分で充填(じゅうてん)する利便性も売り。FCVを「究極のエコカー」と位置付け、全方位で次世代エコカーの開発を進める姿勢に揺るぎがないことを強調した。

EV、AI運転前面に

 中国が19年から一定台数の新エネルギー車の生産を義務付けるなど各国で環境規制が強まる中、電気自動車(EV)を巡る技術力のアピールでも火花が散った。

 日産自動車は、新開発のEVプラットホーム(車台)を使った試作車を出展。座席の下部に平らな電池を配置することで、広い室内空間を実現した。航続距離は600キロで、今月2日に同社が発売した新型「リーフ」の1.5倍に伸ばした。同一の車台を用いてハッチバックやスポーツ用多目的車(SUV)などの多様な車種を効率的に量産できる態勢を整える。

 ホンダも、新たに開発したEV専用の車台を採用した試作車を出展。都市部で取り回ししやすい小型車で、19年に欧州で発売するEVのベースになる。八郷隆弘社長は25日、「20年には日本で発売する」と表明した。

       1|2|3 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆