ニュース
» 2017年10月26日 12時50分 公開

東京モーターショー、次世代技術の攻防 トヨタ「エコカー全方位」揺るがず 日産やホンダは? (2/3)

[SankeiBiz]

 北海道美深町。シラカバの木々が立ち並ぶ広大な大地に、SUBARU(スバル)が新設したテストコースがある。スバル研究実験センター美深試験場内に約30億円かけて高速道路や市街地の交差点などを模したコースを再現。11月から、自動運転技術の開発に必要なデータの蓄積を進める。

 高速道路を走行中にハンドル、アクセル、ブレーキを制御して前方車両を自動追従できる「アイサイト ツーリングアシスト」に関し、スバルの吉永泰之社長は「事故ゼロの実現と自動運転に向けた進化のワンステップだ」と力を込めた。

 運転支援技術を巡っては、モーターショーでも人工知能(AI)を活用した試作車の展示が目立った。

 トヨタの「コンセプト・アイ」は、AIが運転手の表情や声などから心理状態を推定し、支援が必要な場合に自動運転に切り替える機能などを搭載した。

 ホンダが世界で初公開した「スポーツEVコンセプト」も、車と一体になったような運転感覚を目指してAIを搭載。三菱自動車のSUVの試作車では、AIが運転者の技能を把握し、運転に関して助言する。

 エコカーや運転技術などの革新は、新しい自動車の需要を掘り起こす可能性がある一方、日本の自動車産業にとって、これまでにない危機をもたらす可能性もある。昨秋に三菱UFJモルガン・スタンレー証券が出し、業界で話題となったリポート「非連続イノベーションが自動車産業に迫る100年ぶりの大変革」は「(自動車産業が)今後は大構造変革を迫られる可能性が高く、現在の覇者でも、その強みを維持できる保証はない」と指摘した。

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆