ニュース
» 2017年10月27日 10時31分 公開

グッドイヤー、AI搭載の「球体タイヤ」公開 路面状況など検知

タイヤの未来を占う試作品として注目を集めそうだ。

[SankeiBiz]
AI搭載タイヤを紹介するグッドイヤーのデビッド・ザンジグ副社長(左)ら=26日、東京都江東区の東京ビッグサイト

 タイヤ大手の日本グッドイヤーは、東京モーターショーの一般公開に先立つプレスデーで、人工知能(AI)を搭載した球形のタイヤを日本で初披露した。タイヤの未来を占う試作品として注目を集めそうだ。

 名称は「イーグル360アーバン」。AIや自動運転といった先進技術の研究を加速する自動車メーカーに歩調を合わせ試作した。

 現在、米国で研究開発を進めており、車両への装着方法などを探っている。

 具体的には、タイヤ表面に搭載されたセンサーが路面状況などを検知し、そこで蓄積した路面情報をAIが瞬時に解析し判断する。

 仮に雨の場合、路面の水の量に応じてタイヤ表面の凹凸を変形させるという。

 近未来のタイヤの役割について、米グッドイヤーでアジア太平洋の製品開発部門を担当するデビッド・ザンジグ副社長は「車とコミュニケーションできるタイヤになる」と話した。

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆