ニュース
» 2017年11月01日 10時37分 公開

ソニー20年ぶり過去最高 電機大手7社の9月中間、5社が最終増益 (1/2)

経営再建中の東芝を除く電機大手7社の2017年9月中間連結決算が31日、出そろった。

[SankeiBiz]

 経営再建中の東芝を除く電機大手7社の2017年9月中間連結決算が31日、出そろった。最終損益はソニーや日立製作所など5社が増益となり、シャープが黒字転換した。エレクトロニクス関連の事業環境が好調だったほか、事業入れ替えなどによる収益体質の強化も進んだ。

 収益の伸びが顕著だったのは、この日中間決算を発表したソニーだ。営業利益は前年同期比3.6倍の3618億円、最終利益は8.1倍の2117億円とともに過去最高だった。18年3月期の業績予想も上方修正し、営業利益を従来の5000億円から過去最高となる6300億円に引き上げた。最高益更新は20年ぶり。前期に比べて2.2倍の大幅増益となる。

 スマートフォンのカメラに使う画像センサーなど半導体事業が想定を上回り、カメラやテレビ事業などでも高付加価値製品への転換が進む。吉田憲一郎最高財務責任者(CFO)は「高い収益をいかに持続していけるかが今後の経営のテーマだ」と述べた。

 日立も営業利益と最終利益が過去最高。半導体装置や情報通信システムなど主力事業が好調で、事業売却などの構造改革も寄与した。西山光秋CFOは「着実に利益を創出できる形が出来上がりつつある」と手応えを示した。

 パナソニックは家電やスマホ用部品供給が順調で営業利益は10.4%増だったが、最終利益は前年同期に法人税負担が減って利益が膨らんだ反動で減益となった。一方、シャープは主力の液晶パネルやテレビなどの販売が海外を中心に伸び、最終利益を08年のリーマン・ショック以前の水準に回復させた。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆