ニュース
» 2017年11月09日 10時43分 公開

ドコモ、5G実験を公開 遅延なく連動するロボットなど

ロボットの上半身を人間の動きに合わせて動かす実験では、5Gの低遅延の特長を生かし、人間が指や体をひねったりすると、ほぼ同時にロボットが連動した。

[SankeiBiz]
「ドコモが公開した5G移動通信方式を使ってロボットを遠隔操作する実験。人が手を動かすとロボットがほぼ連動して動作する=8日、東京都江東区

 NTTドコモは8日、離れた場所から人間の動きに合わせてロボットを遅延なく操作する実験など、2020年の商用化を目指している第5世代(5G)移動通信方式を活用した開発状況を報道陣に公開した。

 5Gは、現行の4Gの約10倍の毎秒20ギガビットの高速通信や4Gの約10分の1の低遅延が特長。ロボットの上半身を人間の動きに合わせて動かす実験では、5Gの低遅延の特長を生かし、人間が指や体をひねったりすると、ほぼ同時にロボットが連動した。

 実験は、人間とロボットが並んで行われたが、将来的には離れた場所にいる人が5Gを使ってロボットを動かすことを想定している。

 また、ヤマハと協力して商用化を目指している、遠隔地にいる音楽家同士が遅延を感じることなく合奏できるサービスの実験も公開。会場内の離れた場所にいるミュージシャンのピアノと歌の演奏を5Gで結ぶことで、1カ所で披露しているような遅延のない演奏が流れた。ドコモの担当者によれば、離れた場所の演奏家が違和感なく演奏するためには、遅延は10ミリから20ミリ秒ほどとされているが、5Gの活用によって数ミリ秒という低遅延を実現したという。

 ドコモ先進技術研究所の中村武宏5G推進室室長は「5Gの開始時点で、さまざまな企業と提携したサービスを投入していきたい」と話した。

関連キーワード

ロボット開発 | NTTドコモ | 通信 | 遠隔操作


Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆