ニュース
» 2017年11月13日 07時13分 公開

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:「大階段」でビジネスパーソンを演じる――元タカラジェンヌに学ぶ仕事に役立つ表現方法 (2/2)

[山下竜大,ITmedia]
前のページへ 1|2       

すみれの花咲く頃」でワークショップ卒業!

 「笑いヨガ」もリラックス効果があり、肩回りの筋肉を動かすことで声帯が開く。笑いヨガのワークショップでは、「アローハーハハハハハ……。ホッホッハハハ、ホッホッハハハ、ホッホッハハハ、イェーイ! べリグッ、べリグッ、イェーイ! べリグッ、べリグッ、イェーイ! イェイ!」を繰り返す。最後の「イェイ!」は、好きなポーズをキメる。

 次のワークショップは、「あなたとわたし」である。2人組になり、「あなた」「わたし」と語りあう。このとき、喜怒哀楽さまざまな感情で相手に「あなた」と語りかけ、語りかけられた方も別の喜怒哀楽で「わたし」と返す。「大スターやアイドル、有名俳優になりきって、いろいろな感情をぶつけあってください」と北嶋氏。

 「臨機応変に対応することが必要です。舞台の現場に行ったとき、悲しい場面では悲しいイメージを作って臨みます。しかし、監督が“やっぱり怒りに変えよう”と言えば、その場でイメージを変えなければなりません。そのためには、たくさんの引き出しを持っておくことが必要であり、こうしたトレーニングは仕事でも有効です」(北嶋氏)

 宝塚のステージと演劇の舞台では、演じ方が異なる。宝塚は少しオーバーな演技であり、演劇は自然な演技である。北嶋氏は、「ある俳優が、芝居は習うものではなく、現場での役者たちとのコミュニケーションにより、自然に湧き出る感情で演じるものだと教えてくれました。いろいろな感情を自由に創りだす方法を発見してください」と話す。

 さらに次のワークショップでは、同じく2人組で「好き」「嫌い」と語りあう。「好き」にもいろいろな「好き」があり、「嫌い」にもいろいろな「嫌い」がある。それをお互いにぶつけあう。北嶋氏は、「自分が大河ドラマの主人公や、国民的アイドルになったつもりで演じることが重要です」と話す。

 「仕事をしていると、嫌いな人と仕事をしなければならないこともあります。そのときには、嫌いな相手の中に自分の好きな人に似たところを探してください。例えば、髪質が似ているとか、鼻の形が似ているとかなどです。そして、相手を好きになり、仕事ができる、コミュニケーションできると思い込みます。仕事の芝居をするのです」(北嶋氏)

 北嶋氏は、「こうした表現方法を身に付けることで、表情も、行動も明るく変化し、自信もわいてきます。仕事でも、家庭でも、相手を魅了することができるようになります」と話す。最後に、宝塚歌劇団を象徴する歌の1つである「すみれの花咲く頃」を歌い、参加者全員がワークショップを“卒業”した。

前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆