ニュース
» 2017年11月14日 10時42分 公開

月面探査レース 「HAKUTO」が審査に合格

世界初のロボット月面探査レースに挑む日本の民間月面探査チーム「HAKUTO」は、東京都内でレース主催者による審査に合格した。

[SankeiBiz]
チームHAKUTOの月面無人探査車「SORATO」

 世界初のロボット月面探査レースに挑む日本の民間月面探査チーム「HAKUTO」は、東京都内でレース主催者による審査に合格した。これにより、開発を進めてきた無人月面探査車(ローバー)「SORATO(ソラト)」の月への輸送条件が整った。

 審査はレースを主催する米Xプライズ財団の担当者らが来日し、6日から2日間をかけて実施計画書や探査車の規格、画像や動画の送受信の方法などを検証した。

 SORATOはインドチームの月着陸船に相乗りするかたちで打ち上げられる。打ち上げは当初12月28日としていたが、主催者側が8月にレースの期限を「2017年末までに打ち上げ実施」から「18年3月末までにミッションを達成」と修正したことから、「現在の予定にはこだわらない」(チームの袴田武史代表)として、打ち上げを延期した。具体的な日程は未定。今年12月には探査車をインドに運ぶ。

 レースには、宇宙ベンチャーのispace(アイスペース、東京都港区)などが中心となったチームHAKUTOを含む5チームが参加。月面着陸後、探査車を500メートル以上走行し、動画や画像を撮影して地上に電送するミッションに挑む。

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆