ニュース
» 2017年11月29日 10時19分 公開

完全自動運転ドローンを実現 ラピュタ・ロボティクス、クラウドで一括管理

クラウド上でソフトウエアなどを一括管理することによって、人の操作が不要な完全自動運転を実現。

[SankeiBiz]
完全自動運転を実現した「ラピュタCドローン」=東京都中央区

 クラウドロボティクス技術の開発を手掛けるラピュタ・ロボティクス(東京都中央区)は、小型無人機ドローンのソリューションサービスを2018年に始める。クラウド上でソフトウエアなどを一括管理することによって、人の操作が不要な完全自動運転を実現。無人で保守点検やセキュリティー、測量など幅広い業務に対応する。料金は使った分だけ課金する従量制でコストも抑制できる。大規模な工場やプラントなどを主な顧客とし、初年度は約100台の出荷を見込む。

 同社が提供する「ラピュタCドローン」のドローン本体は、導入先企業の敷地内に充電器を兼ねた格納容器「ドッキングステーション」を設置して収納する。クラウドで管理して離陸、飛行、撮影、データ送信、着陸、充電などを全自動で行う。多様なソフト、ハードとの連携も可能にして、必要な業務に合わせて運用することができるため、保守点検、測量、建設、災害対応など多くの用途に対応可能という。

 従来はセキュリティー用、農業用など、特定の用途に特化したドローンが主流だった

 試用版を15日に発表したが、日本ユニシスやセコムなどのパートナー企業と実証実験を継続して用途拡大を進めていく。18年の発売以降は、ソフトバンクコマース&サービスを代理店として販売する。

 クラウドロボティクスは、クラウド上でロボットを制御することで多様なサービスが可能になる技術。軽量化、小型化、低価格化、自動飛行などを実現する。

 モーハナラージャ・ガジャン最高経営責任者は「汎用(はんよう)性が高く幅広いソリューション展開ができるので、新たな価値創造に役立つ」と話している。

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆