ニュース
» 2017年12月06日 14時42分 公開

荷物専用バッグで再配達解消 リバースN51、初年度30万個販売目標 (2/2)

[SankeiBiz]
前のページへ 1|2       

 折りたため携帯可能

 一方、セグリーは折りたたみ式のバッグで場所を取らずに携帯できる。市場価格は1個22万円以下を想定している。耐用年数は5年。すでに大手の運送会社、量販店、通販会社などから引き合いがあり、自社のオリジナルデザインバッグの要望も寄せられている。

 生鮮食品を収納できるバッグの開発にも着手し、来年5月ごろには商品化する計画。来年中にアジアを中心に海外進出も検討している。

 リバースN51の中川孝一会長は「再配達は地球環境にも負荷をかける。専用バッグを使うことで無駄をなくし、改善させたい」と話している。

 リバースN51は、これまでにも多様な業界から問題解決に関わる相談を受け、太陽光発電関連機器、LED(発光ダイオード)、雪下ろし機などを開発した実績がある。

前のページへ 1|2       

Copyright (c) 2017 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆