連載
» 2017年12月14日 07時14分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:若手社員には「学ぶ技術」と「働く技術」を学ばせよう (2/2)

[前川孝雄,ITmedia]
前のページへ 1|2       

(4)プレゼンテーションの技術(UPQ代表取締役CEO 中澤優子氏)

 相手の心をいかにつかめるか、どう引き込み、話を聞いてもらえるか、どれだけインパクトを残せるかが大事。プレゼンする商品や内容にどれだけ自分の「思い」がこもっているかが伝わることも重要。一方的に話さず、「相手と話をシェアする」ことを意識し、相手の反応を見ながら内容を工夫する。話のポイントを絞り、相手を思いやり、期待に応えられる、分かりやすいストーリーで話すこと。

(5)自分の考えを伝える技術(ノンフィクション作家 山根一眞氏)

 情報の整理は図解が分かりやすく、発見も多い。人に伝える(伝わる)には、オリジナリティーのある、まだ語られていない話、誰も知らないことを伝えるのが効果的。また、読む人の立場に立ち、読むのが苦痛でない構成で書くこと。相手が望んでいると思われることを簡潔に書く。内容を削ぎ落しながら、いかに伝えたい内容がしっかり伝わるかが勝負。「伝える」ではなく「伝わる」がゴール。

(6)問題を発見、解決する技術(北海道夕張市長 鈴木直道氏)

 問題発見のためには、現状を注意深く観察し、それを「自分ごと化」し、「あるべき姿」を考えること。問題解決には「人を巻き込む」リーダーシップが必要。それには、まず皆がワクワクするビジョンを描き、メンバー一人一人の強みや持ち味を生かした役割を整理し、信じて任せること。そして「小さな成功体験」を重ね、皆で達成感を共有する。このリーダーシップは、役職者ではない若手でも実行できるもの。

若手を育てるリーダー自身が学びながら働き、自律的なキャリアを築くことが大切

 いかがでしょうか。これらの「学ぶ技術、働く技術」は、仕事を上手に運ぶための単なる手段ではなく、社員が顧客やチームメンバーとのよきコミュニケーションを築きながら、顧客満足や自らの「働きがい」の向上を目指すための「一生もの」の技術なのです。

 そして、若手社員だけではなく、中堅社員や管理職、また今後定年延長や第2の仕事人生への円滑移行が必要なシニア層にとっても、大事なものなのです。上記6つのタイトルを概観すると、ビジネスパーソンが仕事のノウハウを学び、磨き直すための実用書の主なテーマと重なる、普遍的なものであることに気が付くでしょう。

 自律的なキャリアを構築し続ける力や技術は、今後、あらゆる世代に求められます。かつて叫ばれた「生涯学習社会」が、新たな時代のもとで改めてクローズアップされてきたともいえるでしょう。

 従って、若手を育てる立場のリーダー自身が、この「学ぶ技術、働く技術」に理解と関心を持ち、若手との「共育」(共に学び育つ)の姿勢で、自らも磨いていくことが大切ではないでしょうか。

 そうした観点で、ぜひ経営者やリーダーの皆さんが本書を参照し、また若手社員にも勧めてもらい、働く全ての人たちが成長し続けることを願っています。

著者プロフィール:前川孝雄

兵庫県明石市出身。大阪府立大学、早稲田大学ビジネススクール(現早稲田大学 大学院経営管理研究科)卒業。

リクルートで「リクナビ」「ケイコとマナブ」などの編集長を歴任後、2008年に「人を大切に育て活かす社会づくりへの貢献」を志して、人材育成コンサルティングなどを行うFeelWorksを設立。これまで、独自に開発した「上司力研修」「人を活かす経営者ゼミ」などでの管理職や経営者の意識改革、「キャリアコンパス研修」「働く人のルール講座」などでの若手育成を支援し、300社以上の「人が育つ現場」づくりを支援。2011年から青山学院大学でも教べんを執る。2017年には初のグループ企業となる働きがい創造研究所を設立。現場視点のダイバーシティ推進、リーダーシップ開発、キャリア論に詳しい。

主な著書に『「働きがいあふれる」チームのつくり方』(ベストセラーズ)、『上司の9割は部下の成長に無関心−「人が育つ現場」を取り戻す処方箋』(PHP研究所)、『この1冊でポイントがわかる ダイバーシティの教科書』(総合法令出版)など多数。最新刊は『5人のプロに聞いた! 一生モノの学ぶ技術・働く技術』(有斐閣)


前のページへ 1|2       

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆