ニュース
» 2017年12月15日 09時47分 公開

オムロン、安全運転支援サービス来春提供 集中度合いを「顔」で判定

ドライバーの顔をカメラでとらえ、顔の向き▽目の向き▽まぶたの開閉−などから脇見や居眠りなど集中度の低下を検知する。

[SankeiBiz]
オムロンのドライブカルテの車載センサー(タブレットの左)が男性ドライバーの脇見をとらえアラームを出す=14日、東京都港区

 オムロンは14日、独自のセンサーを用い脇見運転などドライバーの運転への集中度合いを判定し、安全運転を支援する新サービス「DriveKarte(ドライブカルテ)」の提供を来春から始めると発表した。

 ドライブカルテは画像認識技術と人工知能(AI)を組み合わせた車載センサーを使用。ドライバーの顔をカメラでとらえ、顔の向き▽目の向き▽まぶたの開閉−などから脇見や居眠りなど集中度の低下を検知する。

 例えばドライバーが運転中にスマホ画面を見て、顔の向きが一定時間斜め下を向く状態を検知すると、アラームの鳴動で安全運転を促す。

 また急加速や急ハンドルなど危険性の高い車の動きも併せて記録し、ドライバーの集中度の記録とともに管理者に報告する。

 今後はドライバーの心拍数など生体情報との組み合わせにより安全性の高いシステムにする。

 オムロンは物流や公共交通機関など約200万台の車両への導入を想定。将来的には自動運転車への搭載を視野に入れている。

 オムロンソーシアルソリューションズの小藪竜也・事業企画課長は「200万台のうち1割への搭載を目指し、事故減少に貢献する。今後5年間で100億円規模の事業に育てたい」と述べた。

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆