ニュース
» 2017年12月25日 11時01分 公開

ブリヂストン、パンクしない次世代タイヤの開発加速 スペア・メンテ不要で省資源 (2/3)

[SankeiBiz]

 環境面では、加熱すると成形しやすくなる「熱可塑性樹脂」をスポークに採用することで、ゴムを含めて使用する素材を100%リサイクル可能にした。スペアタイヤやジャッキが不要となることで車体が軽量化。これに伴い燃費が改善し、二酸化炭素(CO2)排出量の削減にも貢献できる。

 開発では、コンピューターによるシミュレーションを繰り返し、材質やスポークの形状も探究。阿部氏は「背反する強度と柔軟性を両立できる材料の開発がハードルの一つだった」と振り返る。

 11年に開かれた東京モーターショーでは、高齢者ら向け電動車いすに採用し展示。13年のモーターショーでは、トヨタ車体の1人乗り電気自動車(EV)「コムス」に装着し披露した。コムス向けエアレスタイヤが耐えられる車両重量は11年発表の第1世代に比べ4倍増の410キロ、最高速度は10倍増の時速60キロまで向上。蓄積した技術を生かして今年4月には、エアレスタイヤを装着した自転車をブリヂストンサイクルと共同開発したと発表した。現在、19年の量産化に向けて準備を進めている。

 ただ、四輪車に適用するためには、乗り心地と耐久性を高次元で両立することが求められる。このためブリヂストンは、さらなる技術の進化を狙う。

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆