ニュース
» 2017年12月25日 11時01分 公開

ブリヂストン、パンクしない次世代タイヤの開発加速 スペア・メンテ不要で省資源 (3/3)

[SankeiBiz]
前のページへ 1|2|3       

開発競争が活発化

 世界的な自動車保有台数の増加に伴うゴム資源の不足問題が指摘される中、競合各社も省資源タイヤの開発に力を入れている。既に東洋ゴム工業は独自開発のエアレスタイヤを軽自動車に装着し120キロの走行試験で耐久性を実証したほか、住友ゴムは商品ライフサイクル全体の環境性能を高めた新素材のタイヤを2020年に開発する方針を今秋に打ち出した。建機・農機用エアレスタイヤを商用化する米ミシュランも、培ったエアレスタイヤ技術を乗用車に転用する可能性を探っているという。

 ブリヂストンはエコプロで、パンクしても一定距離を走れる「ランフラットタイヤ」もアピール。同社新事業戦略企画部の村沢圭ユニットリーダーは「無駄なく利用できることを啓蒙(けいもう)したい」と意義を強調した。タイヤの技術革新は消費者の環境意識を高めるきっかけになりそうだ。(臼井慎太郎)

前のページへ 1|2|3       

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆