ニュース
» 2017年12月27日 10時44分 公開

みずほ「Jコイン」実証実験 来年3月にも QR決済、地銀と連携

実証実験は地域を限定し、地元地銀の協力を得ながら課題や経済効果を検証する。

[SankeiBiz]
インタビューに答えるみずほフィナンシャルグループの佐藤康博社長

 みずほフィナンシャルグループ(FG)の佐藤康博社長は26日までにフジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、電子マネー「Jコイン(仮称)」の創設に向け、早ければ2018年3月にも実証実験を行う計画を明らかにした。「来年は構造改革の先に見えてくる金融の姿が問われる1年になる」と述べ、新たな金融サービスに意欲をみせ、収益力向上が共通課題となっている地方銀行との連携が欠かせないとの認識も示した。

 みずほFGはJコインについて、スマートフォンで2次元バーコード「QRコード」を読み込むだけで決済する仕組みを検討。実証実験は地域を限定し、地元地銀の協力を得ながら課題や経済効果を検証する。

 佐藤社長はまた、「地銀と組んで、お客さまを相互に紹介する仕組みを検討したい」と述べた。みずほFGから住宅ローンの顧客を紹介する代わりに、地銀から信託や証券の相談を必要とする顧客を紹介してもらうことを想定している。

 みずほFGは9月に始めた人工知能(AI)を活用した個人向け融資事業が好調で、近く中小企業向けにも展開する方針だ。仕入れや販売に関するお金の流れをAIで分析することで、「地方金融機関が貸せなかった企業でも貸せる先が出て来る」(佐藤社長)という。全国各地の中小企業向け融資に切り込み、地銀と切磋琢磨(せっさたくま)する考えだ。

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆