ニュース
» 2018年01月09日 11時01分 公開

羽田、ロボ働く「未来空港」に 警備、物流、翻訳……9日から実証実験 (3/3)

[SankeiBiz]
前のページへ 1|2|3       

 「ロボット」と呼ぶには違和感を覚えるかもしれないのが、大型スクリーンのAI接客システム「KIZUNA(キズナ)」だ。声や文章で質問すると、画面に現れる女性キャラクターが人に近い自然な動きをしながら回答するため、画面の向こう側にいる人が対応してくれているように感じられる。こちらも日英中韓の4カ国語での案内業務に従事するという。

 空港従事者が装着するタイプのロボットが「ヒアラブルデバイス(プロトタイプ)」だ。無線のイヤホン型で、マイクやスピーカーのほかに顔の向きや姿勢、移動情報などを検出するセンサーを搭載。屋内測位技術を使った人員配置の把握実験や、マイクとスピーカーを使っての業務支援実験を予定する。

業務課題の解決に

 羽田空港側も、実験は将来的な導入に向けた検証の場と位置づける。16年度に開催した1回目の実証実験では「清掃」「移動支援」「案内」をテーマに17機種で実験したが、現在も10機種ほどが実際の導入に向けた改修・実験を続けている。日本空港ビルデングの横田信秋社長兼最高執行責任者(COO)は「労働力人口減少が予想される中、業務課題解決のためにはロボット技術は不可欠」と話す。同社の目指す最終目標は、ロボットの方が人よりも生産性が上がる業務を洗い出し、ロボットと人の“分業”で労働力人口の減少をカバーし、サービス向上につなげることだ。

 また、ロボット導入で空港従事者の負荷を下げ、「専門的スキルを持つ人が長い期間働ける環境をつくることで、人材流出や再雇用・再教育にかかる間接コストを削減する」(同社の志水潤一事業開発部次長)狙いもある。(日野稚子)

前のページへ 1|2|3       

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆