ニュース
» 2018年01月11日 11時18分 公開

安全運転へ広がるHUD搭載車 車速や進行案内をフロントガラスに投影 (2/2)

[SankeiBiz]
前のページへ 1|2       

 マツダも国内では、同年2月発売の新型スポーツ用多目的車(SUV)「CX-5」を皮切りに、フロントガラス投影方式の搭載車種を順次広げる方針だ。

 部品各社は「拡張現実(AR)」を用いたHUDの開発も推進。車両前方の現実の風景に経路案内の矢印などを重ねて表示できるようにする技術で、自動車各社も熱視線を注ぐ。

 HUDの導入をめぐっては独自動車メーカー大手が先行。日本勢も追いかけるように商機拡大につなげ始めた。デンソーは、透明な板に情報を表示する方式を含むHUDの世界出荷台数が17年の約400万台から拡大し、20年に約1000万台に達すると予測する。

 高齢者による逆走など不注意が原因の交通事故が多発する中、「小型車などにも広げ交通事故低減につなげたい」(デンソー)と強調。スズキの鈴木俊宏社長も「手の届きやすい価格帯を維持しながら安全装備を充実させる」構えだ。

前のページへ 1|2       

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆