ニュース
» 2018年01月12日 11時22分 公開

アウディ、夏前にも自動運転車投入 国内市場に新型A8 「高齢化に対応」

A8は、緊急時を除いて車に運転を任せる「レベル3」の自動運転を可能とする世界初の量産車で、昨年11月に欧州で発売された。

[SankeiBiz]
アウディジャパンの今後の事業戦略を説明する斎藤徹社長=11日、東京都港区

 独アウディの日本法人、アウディジャパン(東京都品川区)は11日、自動車の運転を高度に支援する新型最上級セダン「A8」を今夏前までに国内市場に投入する方針を明らかにした。

 A8は、緊急時を除いて車に運転を任せる「レベル3」の自動運転を可能とする世界初の量産車で、昨年11月に欧州で発売された。

 日本には自動運転に必要な法整備の状況を見極めながら、運転者の監視義務がある「レベル2」の条件下で、アクセルやハンドルの操作を補助するなど約40種類の運転支援機能を付けたA8を導入する。

 同日、東京都内で開かれた事業戦略に関する説明会で、同社の斎藤徹社長は自動運転でリードする姿勢を強調。「交通渋滞の緩和やドライバーの高齢化といった問題に対応したい」と述べた。

 同社の2017年の国内新車販売台数は前年比0.6%減の2万8336台と3年連続で減少した。斎藤社長は「18年は3万台に引き上げたい」と述べ、A8以外にも上級モデルの新型車を年内に2車種投入し、反転攻勢をしたい構えだ。

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆