ニュース
» 2018年01月15日 10時35分 公開

メルカリ、早期上場見送り 小泉社長に聞く 米市場投資を優先

メルカリは世界各国でフリーマーケットのサービスを普及させることを目標としており、米国市場のマーケティングなど、事業拡大に向けた投資を優先させる。

[SankeiBiz]

 フリーマーケットアプリ最大手のメルカリの小泉文明社長は12日までにフジサンケイビジネスアイの取材に応じ、市場関係者などで期待感が高まっている東京証券取引所への株式上場について、早期の上場は見送る考えを明らかにした。メルカリは世界各国でフリーマーケットのサービスを普及させることを目標としており、米国市場のマーケティングなど、事業拡大に向けた投資を優先させる。

 メルカリは2014年7月にサービス提供を始めた米国や、17年3月に始めた英国など世界中でサービスを成功させることを第一の目標としている。米国でもアプリのダウンロード数を伸ばしているが、まだ事業は赤字の段階だという。

 小泉社長は「未上場の方が多くの投資ができるなどの良さもある。上場のメリット・デメリットを分析したい」と述べ、早期の上場には慎重な姿勢を示した。ただ、上場によって市場から調達した資金を、米国のメルカリのサービス展開に活用することについては「今後の経営の選択肢の大きなポイントだ」とも強調した。

 また、米国市場での上場についても「米国でプレゼンス(存在感)が上がるのはイエスだと思う」と述べ、選択肢の一つとして否定しなかった。

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆