ニュース
» 2018年01月18日 10時51分 公開

スマホの「QR」決済が本格化 ドコモ正式発表 LINE年内30万店導入 (1/2)

スマートフォンの2次元バーコード「QR」コードを活用した決済サービスが本格化している。

[SankeiBiz]

 スマートフォンの2次元バーコード「QR」コードを活用した決済サービスが本格化している。NTTドコモは17日、QR決済「d払い」の開始を正式に発表。4月からローソンなど1万9000店舗で利用できる。LINE(ライン)も年内に30万店舗にQR決済「LINEペイ」の導入を目指す考えで、今年はQR決済の普及元年となりそうだ。

 d払いを利用するには、スマホに専用アプリをインストールした上で、アプリを起動してバーコードやQRコードを表示。バーコード読み取り機やタブレット端末を使って読み取ってもらうことで決済が完了する。ドコモの携帯電話契約者の場合は決済料金を携帯料金と合算して支払えるのが特徴だ。

 ドコモの前田義晃執行役員は「美容室やマッサージなど、多くの中小規模の事業者にも導入してもらうようにしていきたい」と述べ、早期に10万店舗への導入を目指す考えを示した。

 ドコモに先行するLINEは、LINEアプリの店舗向け公式アカウント「LINE@(ラインアット)」でアカウントを作成している約30万の飲食店で、LINEペイによる支払いができるようにする。LINEペイ利用者には、LINE@登録店舗からクーポンを送るなどLINEアプリを活用した付加サービスで差別化を図る。LINEの決済事業子会社、LINEペイの長福久弘取締役は「今年は各社がQR決済を投入することで普及を目指す段階。来年以降、各社がサービスで競合することになるだろう」と、導入店舗やサービス利用者の増加に力を入れる考えを示した。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆