連載
» 2018年01月24日 07時28分 公開

タイムアウト東京のオススメ:夜の門仲を探索する

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 江戸時代からの情緒が残る門前仲町は、富岡八幡宮や深川不動尊など寺社があることから、昼間は家族連れや観光客でにぎわっています。一方、夜になれば、小道に並ぶ無数の居酒屋やバー、小料理屋に明かりがともり、昼とはまた違う顔を見せてくれる街でもあります。ここでは、夕方からのはしごに最適なスポットを紹介します。

毎日24時まで営業

 門前仲町駅そばにある、成田山新勝寺の東京別院である「深川不動尊」。参道には、雑貨店やカフェ、角打などに加えて屋台の焼き鳥屋も並び、毎日24時まで営業しています。また、毎月1、15、28日(11〜17時頃まで)には、深川不動尊の参道や富岡八幡宮、永代通り、中どうり商店街周辺で縁日も行われています。

昭和の香り漂う飲み屋街

 「辰巳新道」は、昭和の香り漂う飲み屋街。50メートルほどの路地に、小料理屋やスナック、バーなど、ディープな飲み屋が30軒以上ひしめき合っています。路地の入り口にある、食券制の立ち飲み屋ニューもつよしは1軒目にぴったり。看板メニューの「もつ煮込み」は350円、やきとりは1本150円から提供しており、気軽に楽しむことができます。いろいろな店をまわって、お気に入りの1軒を見つけ出すのも良いでしょう。

 ジンギスカンの22以上の部位を提供する「ヂンギス邸」は、マトンがおいしいことでも知られており、北海道から足を運ぶ客もいるほどだそう。定番の「ジンギスカンセット」はドリンクがついて1400円と、リーズナブルなのもうれしいところです。冬の人気メニューは、野菜や薄切りにしたラムをだし汁にくぐらせ、薬味をつけて味わう「ラムしゃぶ」。最後には、鍋に麺を入れてシメるのがおすすめです。2階は座敷になっており、花見シーズンには、窓から美しい桜を眺められます。

 その他の詳しい情報は「夜の門前仲町ガイド」で紹介しています。良心的な価格で、うまい酒や料理を味わえる店の多いことが特徴的な門前仲町。酒やグルメ好きは、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

東京 | 料理 | 和風 | 昭和 | | 居酒屋 | 商店街


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆