ニュース
» 2018年01月30日 12時35分 公開

3列シートSUV市場活発化 マツダ、計画の10倍受注 スバルも新型車投入 (1/2)

スポーツ用多目的車(SUV)の人気が高まる中、3列シートで多人数が乗車できるSUVをめぐる自動車各社の動きが活発化してきた。

[SankeiBiz]
マツダのSUV「CX−8」

 スポーツ用多目的車(SUV)の人気が高まる中、3列シートで多人数が乗車できるSUVをめぐる自動車各社の動きが活発化してきた。マツダは昨年12月に「CX−8」を発売、受注台数はすでに月間販売計画の10倍超に達した。3列シートSUVに関しては、SUBARU(スバル)が年内に北米で新型車を投入する計画で、日産自動車は今月開催された北米国際自動車ショーに試作車を出展。7〜8人が乗れる利便性と走行性能を両立させ、ミニバンからの買い替え需要を取り込む。

 CX−8の月間販売計画1200台に対し、昨年9月に受け付けを始めて以降、今月15日現在までの受注は1万2042台に達した。マツダは、「『走りやデザインをあきらめたくないが、家族や友人と(多人数で)ドライブを楽しみたい』と考えるお客さまに、満足いただける新しい価値を提供する」としている。同社のSUVでは最上位モデルで、法人需要も取り込む。

 大型車の需要が旺盛なのは北米市場だ。足元では上昇傾向だが、ガソリン価格が低水準のため、大型のSUVやピックアップトラックが人気となっている。

 スバルは新型の3列シートSUV「アセント」を初夏に米国とカナダで発売する予定だ。同社は昨年、北米で過去最高の70万3000台を販売し、今年はさらに5%増の73万7000台を計画。競争が激化する同市場だが、吉永泰之社長は、「アセント効果で達成したい」としている。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆