ニュース
» 2018年02月05日 10時36分 公開

「ソニーらしさ」取り戻せるか 次期社長の吉田氏、完全復活へ新たな挑戦 (1/2)

2018年3月期に過去最高益を見込めるまでに復活したソニーだが、長引く不振で色あせたブランドの再生など課題も残る。

[SankeiBiz]
※写真はイメージです(Getty Images)

 2018年3月期に過去最高益を見込めるまでに復活したソニーだが、長引く不振で色あせたブランドの再生など課題も残る。次期社長の吉田憲一郎副社長はソニーの“完全復活”を成し遂げられるか−。

 「業績は回復したが、事業環境が目まぐるしく変わっており、新たな挑戦が必要だ」。平井一夫社長は2日の記者会見でこう述べた。

 平井氏は12年3月期に4期連続の最終赤字となった直後に社長に就任し、テレビなど競争の激しい分野で量を追わずに高級品に絞る一方、ゲームや半導体など得意分野に集中する構造改革に奔走した。改革は徐々に奏功し、さまざまな事業でバランス良く稼げる体質が整った。

 同日に発表した18年3月期連結決算では、業績予想を上方修正した。本業のもうけを示す営業利益は従来見込みよりも900億円多い7200億円とした。最終利益も1000億円多い4800億円に引き上げた。いずれも過去最高となる。

 これに対し、韓国サムスン電子の17年通期の営業利益は約5兆4000億円だ。ソニーはV字回復したとはいえ、利益水準で大きく水をあけられている。

 ソニーは4月からスタートする中期経営計画を策定中で、完全復活にはさらに力強い成長戦略が欠かせない。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のAIスピーカー(スマートスピーカー)「Amazon Echo」「Google Home」をプレゼント! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆