ニュース
» 2018年02月14日 14時00分 公開

みずほ銀、JCBなどが新決済システム スマホがデビットカードに

スマホを読み取り機にかざすだけで、銀行口座から即時決済する「デビットカード」の機能を搭載する。

[SankeiBiz]
預金口座から即時に決済できるサービスを発表する(左から)JCB、みずほ銀行、大日本印刷の担当者=131日午後、東京都内

 みずほ銀行は13日、JCB、大日本印刷と組んで、スマートフォンを使った新しい決済サービス「スマートデビット」の提供を今春から始めると発表した。スマホを読み取り機にかざすだけで、銀行口座から即時決済する「デビットカード」の機能を搭載する。

 同行に口座を持つ顧客が対象。利用するには、グーグルの基本ソフト「アンドロイド」搭載のスマホに、専用アプリを入れる必要がある。JCBが全国のコンビニやスーパーに配置する65万台超の読み取り機にかざすだけで、口座から代金が引き落とされる。

 同行は新サービス開始から2年目に、月100万件超の決済件数を目指す。他の金融機関や一般事業会社にこの仕組みを提供し、手数料収益を得ることも検討している。

 政府は現金以外の決済比率を今後約10年で約4割に倍増させる目標を掲げている。同行の斉藤哲彦専務はこの日の発表会で「日本でキャッシュレス社会を実現するには、10歩先を見据えて、1、2歩先のサービスを提供し続ける必要がある」と述べた。

 新サービスには、同行主導で構想中の電子マネーによる決済機能の搭載も想定している。

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆