ニュース
» 2018年02月15日 12時02分 公開

三菱電機 AI活用の技術、研究成果を披露

人工知能を活用して生産性を向上させる技術や快適空間の実現、インフラ維持に貢献する技術など計20件の研究開発の成果を都内で披露した。

[SankeiBiz]
視覚障害者と共同で制作したリモコンの試作機

 三菱電機は14日、人工知能(AI)を活用して生産性を向上させる技術や快適空間の実現、インフラ維持に貢献する技術など計20件の研究開発の成果を都内で披露した。

 快適空間の実現に関連した技術では「触りたくなるインターフェース」として、視覚障害者が直感的に操作できるエアコンのリモコンを盲学校と協力して開発した試作品を披露した。視覚障害者が盲学校で「形状」「一致」「高さ」の概念を学ぶことに着目して、その概念をリモコンに取り入れた。音声案内で操作を補助し、手で触ってスイッチをずらすことによって、電源を入れたり切ったりすることなどが可能となる。

 このほか、「AIを用いたインテリジェント無線通信技術」「物体の質感をリアルに表現する技術」などを新たに発表した。

 同社の柵山正樹・執行役社長は「資源エネルギー問題など、現在の社会が抱えている課題の解決に貢献したい」と述べた。

Copyright (c) 2018 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のAIスピーカー(スマートスピーカー)「Amazon Echo」「Google Home」をプレゼント! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆